昔からのもの、新しいもの

ほうきとブラーバ

床を全部フローリングにリフォームしてから使っている掃除道具。

棕櫚(しゅろ)のほうきと拭き掃除ロボットのブラーバ。

2階へ掃除機を持ってあがるのは重いし 軽い掃除機をもう1台買おうとしていたところに拭き掃除ロボットのブラーバがとても便利でなかなかきれいいになるということを聞いて、それなら掃除機でなくても ほうきなら軽いし収納も楽では?ということでほうき&ブラーバに決定。

そして ほうきは棕櫚のほうきがフローリングの間の細かいゴミもしっかりキャッチしてくれて棕櫚の油で自然にワックスをかけたような効果があるということで棕櫚に。

棕櫚のほうき、ピンからキリまであってとりあえず少し安めのものを今使っています。

使ってみて 私はとても使いやすいです。

軽さはもちろんですが細かいゴミやホコリもしっかりとれます。

特に階段は重い掃除機を持っての掃除はたいへんなので。

棕櫚のほうき、高級なものは何万もするものもありますが高級なものほど棕櫚が細いので細かいホコリをとってくれるということ。

1本1本手作りだそうです。

そしてほうきでの掃除が終わったら毎日ではありませんがブラーバで水拭き掃除でスッキリ!

たいしてほこりがないようなら ほうきも省略してから拭きモードでブラーバを動かせるだけで充分。

しかも使い捨てのペーパーを使えるのがとても便利です。

そして音も静か。

知り合いは掃き掃除はルンバ、拭き掃除はブラーバを使っていてかなり重宝しているようですが、とてもとても私はそんな身分ではありません(笑)

棕櫚のほうきブラーバ。

昔からあるものと新しいもの。

どちらもよく考えて作られていて生活に役立ち、ちょっと余裕を与えてくれるもの。

大切に使っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です