天然素材

スリッパ

ちょっと前にスリッパを冬用に替えました。

スモーキーな色合いがどれもいい感じで迷った末に全部色違いにしてみました(笑)

ムートン製でとっても温かく肌触りもソフト。

しっかりウールマークがついています。

 

夏に使っていたのはコレ。

コレは麻でできていてサラッとした肌触りで裏がゴムなので滑りにくく、お客様にも好評であとで同じものを何人か買っていました。

収納もコンパクトに出来ました。

どちらも天然素材でできているのが共通点でそれが肌触り良く、気持ちよく使える理由かも知れません。

私は春〜秋は基本 家の中では裸足で過ごすことが多いです。

というのもリフォームの際に大工さんに手頃な値段の無垢のフローリング材を探してもらいました。

値段が下がるごとに色が不揃いだったり節があったりするよと言われましたが逆にその雰囲気が私の思っていた感じ通りなのでありがたかったぐらいでした。

表面に何も加工されていないコレも天然素材。

高級品ではないのででこぼこがありますが(笑)

なぜか裸足でいてもそんなに冷たくないんです。

そして自分達でがんばって塗った壁の漆喰。これも天然素材。

 

白い壁紙やペンキの白とは違った優しい白。

そんなに意識してそういう素材ばかりにしたわけではないけれど自然とそういうものを選んでいたのが不思議です。

歳を重ねていくとそういうものに惹かれるのはそれだけの良さが天然素材にはあるからですね。

そういう素材の特性を利用して生活の中で役立ててきた昔の人って本当にすごいなと今さらながら思います。

 

お家で映画

プロジェクター&スクリーン

コレと言った趣味がない主人ですが家にいるとき、アメリカドラマや映画を観ることが多く 今までDVDを借りに行ったりapple tvでhuluを観たりしていました。

リフォームした際に大きなスクリーンとプロジェクターを買いました。

手頃な値段のものを色々さがして買ったのはこちらです。

スクリーンは100インチですがビニール製で軽いのでどこにでも取り付けられます。3000円台でこんなに大きなスクリーンがあることにびっくり!

観ないときは取り外して収納することもできます。

ウチは面倒なのでつけたままですが(笑)

プロジェクターもせっかくamazonのプライム会員なのでFire TV Stickが直接つけられてなるべく操作が簡単で画像もそこそこで手頃なものということでこちらに。これも1万円ちょっと。 安いものなら5000円ぐらいからあるんですね。

そしてFire TV Stickをとりつけて部屋を暗くして観てみると きれいに映りました!

どちらももっと高くて画像のきれいなものがあるようですがこれだけきれいに映ったら充分です。

このFire TV Stickのリモコンが音声検索ができるのでとても便利です。

親戚の子供達がきたときも自分で「仮面ライダー」とか「クレヨンしんちゃん」とか音声で勝手に検索しています(笑)

大人も子供も操作が簡単というのが一番。

主人はもうテレビの画面で観る気がしないと言っています。

そして映画を見始めると2時間ぐらいは静かなので私はその間、自分の時間が持てます。

この金額でささやかですが幸せな気分になれて良かった!

自家製すだちぽん酢

すだちぽん酢作り

今年もすだちをたくさんいただいたのでぽん酢を作りました。

これを絞るのがひと仕事。

私は電動の絞り器を使います。

レモンやグレープフルーツをしぼるものですが、すだちにも使えます。

 

ちょっと小さくて絞りにくいですけど 手で絞るよりはずっと楽。

ギュッと上から押さえると回転するタイプです。

たまに家族がグレープフルーツやレモンをこれで絞って焼酎に入れたりしますが私にとってはこの年一回のぽん酢作りのためにあるようなもの(笑)

回転部分の大きさが変えれるものもあるみたいです。

絞り終えたあとの皮はネットに入れてお風呂に入れるといい香り。

絞り終えたら醤油を同量、煮切ったお酒とみりん、お酢を少し、昆布、パックに入れた鰹節を加えて容器にいれ、冷蔵庫で1週間ほど寝かせて濾します。

私は濾すのが面倒なので鰹節、昆布を取り出してそのまま使いますが(笑)

関西では一家に一本は必ずある旭ポン酢が有名ですが すだちを絞って作る自家製ポン酢もソレに負けず 美味しいですよ。

来週はこのポン酢でお鍋になりそうです。

 

昔からのもの、新しいもの

ほうきとブラーバ

床を全部フローリングにリフォームしてから使っている掃除道具。

棕櫚(しゅろ)のほうきと拭き掃除ロボットのブラーバ。

2階へ掃除機を持ってあがるのは重いし 軽い掃除機をもう1台買おうとしていたところに拭き掃除ロボットのブラーバがとても便利でなかなかきれいいになるということを聞いて、それなら掃除機でなくても ほうきなら軽いし収納も楽では?ということでほうき&ブラーバに決定。

そして ほうきは棕櫚のほうきがフローリングの間の細かいゴミもしっかりキャッチしてくれて棕櫚の油で自然にワックスをかけたような効果があるということで棕櫚に。

棕櫚のほうき、ピンからキリまであってとりあえず少し安めのものを今使っています。

使ってみて 私はとても使いやすいです。

軽さはもちろんですが細かいゴミやホコリもしっかりとれます。

特に階段は重い掃除機を持っての掃除はたいへんなので。

棕櫚のほうき、高級なものは何万もするものもありますが高級なものほど棕櫚が細いので細かいホコリをとってくれるということ。

1本1本手作りだそうです。

そしてほうきでの掃除が終わったら毎日ではありませんがブラーバで水拭き掃除でスッキリ!

たいしてほこりがないようなら ほうきも省略してから拭きモードでブラーバを動かせるだけで充分。

しかも使い捨てのペーパーを使えるのがとても便利です。

そして音も静か。

知り合いは掃き掃除はルンバ、拭き掃除はブラーバを使っていてかなり重宝しているようですが、とてもとても私はそんな身分ではありません(笑)

棕櫚のほうきブラーバ。

昔からあるものと新しいもの。

どちらもよく考えて作られていて生活に役立ち、ちょっと余裕を与えてくれるもの。

大切に使っていきたいと思います。

ふさわしいもの

以前は洋服や小物を買うとき あ、これ かわいい!と思って手頃な値段ならあまり迷わず
買っていました。

でも そのとき 頭の中で想像している その洋服を着たり、小物を持っている自分の姿ってなぜかずっと若い自分なんです(笑)
そしていざその洋服を着てみると 何か違和感。

顔はもちろんですが体型も変わっているし、肩が前かがみになっているし、脚の形も若い頃とは変わっています。
結局1回きりでしまい込んでしまいます。

家電もこれいいわ~と思って買っても重いし使いにくい。

やっぱり歳相応、その人相応のもの、ふさわしいものがあるんだなと感じます。

若作りではなく若々しく、無理せず楽に自分らしく暮らしていけたら幸せです。